チューリップ畑

 · 

感情のコントロール

最近、突発的に人を傷つけたりする事件が増えています。

そして多くの場合、

あの人がなぜ、と言われるように

その時まで普通に生活していたはずなのに

思いもよらない残虐なことをしてしまうことがあります。

 

おそらく、

怒りや辛さや悲しみや欲望をうまくコントロールできず

行動に出してしまうのではないかと思います。

 

では、ニュースになるような大きな事件が問題なのかと言えば

そこに行きつくまでのごく普通の日常の中で

ちょっとした行き違いや、感情の起伏などが

間違いなくあったはずです。

 

私たち誰もが

喜んだりうれしいばかりではなく

悲しかったり戸惑ったり、不安を感じたりということが多々あります。

普通でしたら、その状態というのはとてもつらいので

自分自身で改善するように努力すると思うのですが

中には、自分でうまく処理できず

外へぶつけることで解消しようとする人もいるのだと思います。

 

結果から言うと

外へぶつけて物や人を傷つければ、いずれ自分へ帰ってきますし

一時的にそれで発散したと思っても

良心があれば、その出来事が自分の心の重荷になってしまい

いつまでもうつうつとネガティブなイメージを引きずってしまいます。

 

大きなニュースになるような事件は、関係ないと思ってしまいがちですが

ごく狭い自分の身の回りの世界でも

ちょっとした行き違いの積み重ねで

少しずつ不調和が出てきてしまうこともあります。

 

対人関係のことになると

自分はちゃんとしているから関係ない、と思われるかもしれませんが

自分の取っている態度が相手にもすくなからず反映されています。

 

 

喜怒哀楽、毎日いろいろありますが

ストレートに感情を表に出すばかりが解決方法ではありません。

自分の心、そして周りの様子や対応の仕方をよく見つめてみると

その原因がわかれば、むやみに行動に出さなくても解決できるはずです。

 

大きく自分の心を揺さぶられる出来事に直面したら

一歩引いて、自分の反応をよく観察してみましょう。

そうすると、気づかなかったものが見えてくるはずです。

 

 

 

 

 

 

メニュー

 ★さらんふるめいるからみなさまへ

今日のさらん

2019.10.13