チューリップ畑

 · 

一輪だけ・・

週末、親戚で不幸があり

甲府まで行ってきました。

 

もう長い間闘病生活が続いており

1年ほど前より入院、

今月に入ってからあまり容体が良くないと聞いていたので

お別れの日も遠くないと思っていましたが

やはり寂しいものです。

 

高校卒業して実家を出るまで

同じ屋根の下で生活していた叔母ですので

思い出もたくさんあります。

 

ともかく、お別れのいろいろな式が行われる中の待ち時間

ふっと外を見ると、一輪だけ花が咲いていました。

一つだけ。。というのは何とも風情がある感じがします。

 

お別れの式はこじんまりと、

本当に付き合いのあった親戚や知人の方だけの集まりで

和やかに故人を偲んで終わりました。

 

これだけの温かい人たちに見送ってもらえた叔母は

きっと次のステージでも幸せに過ごせるのではないかと思います。

 

 

そういえば2月もあと少し。。。

だんだんと春めいた日が続くようになりますね。

 

 

メニュー

 ★さらんふるめいるからみなさまへ

今日のさらん

2019.05.17