チューリップ畑

 · 

マザー・テレサ

知れば知るほど、

その人柄や行動に心打たれる人に

マザー・テレサがいます。

 

10日ほど前、ふと本屋へ行きました。

その日は時間があったので、

いつもより丁寧に、普段はのぞかないコーナーも

ちらちらと背表紙に目を走らせながら見ていました。

何か、これというものがあれば買ってみよう・・・

そんな気軽な感じだったのです。

 

と、ふっとみると

文庫本のコーナーに

「マザー・テレサ あふれる愛」という本がありました。

今までにも数冊、マザー・テレサに関する本は持っていましたが、

それは文庫本なのに、かなりの写真が入っていたので

この手のタイプは読んだことがなかったな、と思い

買って帰ってきました。

 

読み終わった感想は、

やはりすごい!の一言です。

その行動力はもちろんですし、

マザー・テレサの活動に賛同して

ともに活動される方々も素晴らしいのはもちろんですが、

根底に流れる愛の深さ・大きさに思わず涙してしまいました。

 

その活動は

言葉や宗教や人種を超えたところにあり

打算や私欲ではできないことばかりです。

真似しようにも簡単にはできません。

 

でも、マザー・テレサもおっしゃていましたが

 

いきなりスラム街へ行ってボランティアをしたり

孤児を引き取って養子にすることばかりが大事なのではなく、

まずは、物質的な貧しさ、心の貧しさを持っている人がいることを忘れず

そして、そういう人たちと出会うことがあれば

愛をもって接することが大事なのです。

 

こう書いてしまうときれいごとになってしまいそうですが、

実際に、悲しみや孤独に苦しんでいる人は

身近にもたくさんいると思います。

そういう人に出会った時に

相手に対して思いやりの心をもって接するだけでも

その一歩だと思うのです。

 

まずは自分から。

そして家族など身近な人から・・・・

 

 

 

メニュー

 ★さらんふるめいるからみなさまへ

今日のさらん

2019.06.03