チューリップ畑

 · 

日差しがない中で

いつものような気候なら

そろそろ梅雨明けしているころなのに

今日もまた晴時々雨・・という

うっとうしい天気です。

 

ベランダの鉢ですが

今年も手入れするタイミングを逃してしまい

毎年のように自生している

ニラと青じそが芽吹き

成長の邪魔をしない程度にと

雑草を抜いて様子を見ていました。

 

普通であれば、7月後半となれば

青じそが大きく成長し

わさわさと葉を茂らせ

ニラももさもさ生えているはずが

青じそは丈が伸びず

ニラは成長しきらないまま

花をつけようとしています。

 

植物の生命力の強さを感じるとともに

普通ではない毎日にちょっと不安を感じてしまいます。

 

ご近所の方で、菜園を手入れされている方に伺ったら

せっかく実をつけても、

この長雨で実が熟さないうちに腐って落ちてしまうと

おっしゃっていました。

 

地球全体の気候変化に、もし人間の行為が関係しているとしたら

もっと大切にしなければという思いになります。

 

もし、人知の及ばないことで

大きな力が働いて変化し続けていくのだとしたら

わたしたち人間が、その環境の中でうまく生活する知恵を身に着けていかねばなりません。

 

いずれにしても

対地球に関することは、人間は謙虚に向き合っていくべきではないかと思います。

 

 

 

梅雨明けの知らせが待ち遠しいですね。

 

メニュー

 ★さらんふるめいるからみなさまへ

今日のさらん

2020.09.28