チューリップ畑

 · 

“生きている時間”を持つ

今日から6月になりました。

 

時間と季節は進んでいますが

どちらかと言えば

メリハリのない、

ひたすら息をひそめていなければいけないような

毎日が続いています。

 

時の進み方というのは

誰にでも平等で

1日24時間、その測り方は一緒ですが

充実度というのは

十人十色ではないでしょうか。

 

今のような

動きたくても動けない、

改善しようにも手が打てない、

と感じてしまう時間は

仕方なく漫然と過ごしてしまうことが多くなります。

 

だからこそ

今あえて、充実した時間を作るように心がけてみませんか?

 

趣味のことでも

前々から興味があったことでも、

そこまでの動機がなくても

何かわくわくしそうなことでも、

それとも、もっと真面目に

いつか役に立つかもわからないけど

何か自分のスキルアップになりそうなことに

首を突っ込んでみるなんてことでも。

 

まっすぐ進むだけじゃなくて

寄り道したり、ちょっと戻ったりするかもしれません。

それでも、その瞬間だけでも

夢中になったり一生懸命に取り組んだことは

後で手放すことになったとしても

必ず何か残ります。

そしてそれに費やした時間は“生きている時間”になります。

 

気分転換も

自分にお休みを与えてのんびりすることも

それも大切なことですが、

なんとなく時間が過ぎ、季節が変わるのは

ちょっと寂しいですよね。

 

私も、今までなかなか進まなかった資料作りや

いままで学んできたものの整理などに

もっと時間をかけていこうと思います。

 

 

メニュー

 ★さらんふるめいるからみなさまへ

今日のさらん

2021.06.03