チューリップ畑

 · 

好き嫌いを切り離す

普通に生活しているだけで

心は何かを考えています。

 

内容は様々で、

今していることの段取りであったり

ちょっとした気づきや感想、

うまくいったとか時間がかかるとか

納得したりしなかったり。

 

同じように

誰かと会話したりしても

瞬間瞬間に

同意したり、自分の考えが浮かんだり

相手の態度に応じて

くるくると感情が動いています。

 

可もなく不可もないということもありますが

時には大きく揺れ動くこともあります。

それが自分にとって嬉しいこと楽しいことであれば

問題ありませんが、

不快なこと悲しいこと、傷ついたと思うことであれば

後々までそのことを引きずり

嫌な気持ちがなくならないかもしれません。

 

そんな時は

まず、自分が感じた「好き」「嫌い」という思いを

切り離してみましょう。

その好き嫌いとジャッジした瞬間、

心はその判定に決めつけられ

気分を変えることができなくなります。

 

どう考えても、相手の言動が良くなかったとして

そう認定したからといって

あなたの気分が良くなるわけではありません。

ただただ、何度も思い返しては

苦々しく感じるだけでしょう。

 

それよりは

好き嫌いの感情で判断するのではなく

一歩引いた視線で、冷静に相手の出方を思い返せば

その人の弱いところ、苦手なところ

なぜそういう態度に出るのかの見当もつきます。

そういう風にしか振る舞えない人であれば

本人がそのことに気づいて治そうとしない限り

誰もその人を変えることはできないのです。

 

相手のことを思って

あなたがなにか言葉にしたとしても

おそらく100%あなたの思っている通りには伝わりません。

人は、自分が思わなければ人の言葉は届かないのです。

 

それよりも

好き嫌いの感情はちょっと置いておいて

相手のことを冷静に見てみれば

普段の様子から、相手のことも理解できるものです。

そして、納得できればそれ以上でもそれ以下でもなく

あなたを悩ませる原因ではなくなります。

 

少し心の距離を離して接することで

かなり楽に行動できるようになります。

 

 

 

 

 

メニュー

 ★さらんふるめいるからみなさまへ

今日のさらん

2021.11.28