チューリップ畑

 · 

こだわり

みなさまはいろいろなことで

“こだわり”をもって取り組んでいることがありますか?

 

私の場合、

子供の頃から変なところにマイルールを作って

それをやることで自分を守っているつもりに

なっていました。

 

実は今もそれを実行しているのですが。。

その一つが毛布の敷き方です。

毛布の向きが決まっていて

必ず決めた向きになってないと

親が敷いてくれていたとしても

敷き直してから寝ていました。

 

ちょっと考えても

大したことではないし

違っていたからと言って

大きな問題にはなりません。

 

でも、このこだわることが

モノによってはとても厄介になることがあります。

 

“こだわり”を大切にするあまりに

他のするべきことや許すべきことまでも犠牲にしたら

本末転倒になってしまうからです。

意固地になり、守るものを間違ってしまうと

それがまた自分の行動を制限したり

ネガティブとして、心に巣くってしまいます。

本来は良い“こだわり”だったとしても。

 

私自身も、まだまだちょっとしたことで

自分の中につまらない“こだわり”があることに気づきます。

これがまた、長年の思考の習慣なので

切り替えるのがとても大変です。

 

でも自分をフラットに、

何も引っかかりのない状態にしないと

次の段階には進めません。

 

みなさまも

当たり前にように感じていること、取っている行動について

ちょっと距離を置いてみませんか?

“こだわり”で、守るべきものだと思っていたものが

意外とそうではないことがあるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メニュー

 ★さらんふるめいるからみなさまへ

今日のさらん

2024.05.27