チューリップ畑

 · 

違うタイプ

個人的な感想ですが

世の中の人をざっくり分けると

何タイプかに分けられると思います。

 

一番付き合いやすいのは

自分と近いタイプの人。

 

感覚が近く、話をしても通じやすく

多くを語らなくても共感を得られる人は

話もしやすいし、気も楽です。

 

逆に付き合いにくい人というのは

自分の理解できる範疇を超えている人だと思います。

 

服装、生活スタイル、言動、考え方。

目に見える要素だけではなく

話をしてても、なかなか同意が得られなかったり

自分が思うような反応が返ってこないと

寂しいし、それ以上話をするのを断念することさえ

あるかと思います。

 

合わない人とでも

仕事や学校でお付き合いしていかなければいけないことも多々ありますから

それが心の重荷になってしまう方もいるのではないでしょうか。

 

そんな時は

一歩下がった位置で相手を観察してみるといいと思います。

なぜ、そういう風にしか発言しないのだろう?

どうして、そう判断しているのだろう?

たいていは、そういう風に客観的に捉えることで

苦手意識や嫌悪感よりも

相手のことを理解しようとすることにより

冷静に判断でき、心を荒立てることなく

そういう場面を過ごすことができるようになります。

 

そんな、嫌な相手のことを理解するなんてこともしたくない!

と、思われるかもしれませんね。

ですが、いろいろな場所でいろいろな人に出会うたび

自分と近い人に会える可能性のほうが少なくないですか?

だったら、そういう時に

うまく対処できるやり方を身に着けたほうが

ずっと楽に、行動できることになります。

 

結果、自分が楽になり、ストレスから解放されるのです。

 

 

メニュー

 ★さらんふるめいるからみなさまへ

今日のさらん

2019.12.01