チューリップ畑

 · 

ひとりひとりの物差し

誰もが

自分の物差しを持っています。

 

それは

ひとりひとりが

今まで生きていたことで

独自に作り上げてきた

価値観やプライドでできています。

 

どんなに似通った環境で育ったとしても

地域から受けるものだけではなく

本やメディアや家族など

すべてが違うし、どこにポイントを置くかも違いますから

全員が違う物差しを持っています。

 

そして、

毎日の出来事、一瞬一瞬に

無意識にその物差しを取り出し

自分なりの判断を下しています。

その判断に基づいて、感動したり反対意見を持ったり

時には戸惑い、結論が出せず悩んだりします。

 

だから、

普通に誰かと分かり合えるとか共感するというのは

とても貴重なことであるし

逆に意見が合わなかったり、

相手のことが理解できないのは

ごくごく当たり前のことになります。

 

だからこそ

誰もが違う物差しを持っていることに対して

文句を言ったり、排除することは違うと思います。

時には、全く理解不能なこともありますし

話し合っても永遠に分かり合えないことも

少なくありません。

 

ですが、少しでも衝突を減らしたいと思うのであれば

まず、相手は自分と違う物差しを持っていること、

またその物差しに“正解”はないことに思い至れば

状況を冷静に受け止めらえるようになります。

 

衝突を減らすということは

自分の心を傷つけることから守ることができます。

 

これは、自分の殻に入ってしまうことではなく

冷静に、客観的に判断し

自分自身はきちんと行動することにつながります。

 

いろいろな社会的な問題も増えてきて

ニュースを見ているだけでも

心痛むことが多いし

文句を言いたくなるようなことも多いですが

怒りやネガティブな感情は何も生みだしません。

 

心穏やかに

自分の時間を大切にしていきたいものです。

 

 

 

 

 

メニュー

 ★さらんふるめいるからみなさまへ

今日のさらん

2020.05.29