チューリップ畑

 · 

随分前にも書いたことがある気がしますが、

『鏡』についてです。

 

私達が見ている誰かは

自分の鏡だという言い方をすることがあります。

 

その鏡は、表面だけ見ると

様々なタイプがあり

中には理解し難いタイプもあります。

でも、よく相手を観察し

また自分の些細な反応を

見逃さないようにすると

たくさんの気づきがあります。

 

 

 

その人の行動に、なにか違和感や嫌悪感があるとき、

実はその要素を自分の中にも持っていて

心のどこかで自分でもそれを嫌っていた事に

気づくこともあります。

 

嬉しいことや楽しいポジティブな反応は

そのまま受け取ればいいと思いますが、

ネガティブな反応が自分の心に現れたとき、

その原因の何かが自分の中に隠れているのです。

 

原因を見つけ理解できれば

ネガティブな相手も

うまく受け流す事ができるようになります。

 

凝り固まったプライドや心で

自分を守るのではなく、

理解することで、流してしまう。

そうすれば、あとに引きずることもありません。

 

もし日常的に苦手な相手がいたとしたら、

第三者的視点で、相手を観察してみましょう。

どうしてそういう言動しかできないのだろう?

そんなことも自分なりに答えを見つけることが出来たなら

その瞬間から、見方や対応の仕方を変えることが出来ます。

 

結果、自分が傷つかないよう振る舞えるのです。

 

 

 

 

メニュー

 ★さらんふるめいるからみなさまへ

今日のさらん

2024.07.14