チューリップ畑

 · 

自己肯定感

最近自己肯定感という言葉を

聞くことが多くなりました。

 

本当に悲しいことですが

自殺する人も増えていますから

自分の存在そのものを認めることが

できない人が増えているからだと思います。

 

まず、大前提として

誰もが意味があって今この世に生きています。

いなくてもいいとか、自ら命を絶ってもいい魂など

一つもありません。

 

自分では何も記憶がないのに

ただ辛いだけの毎日を過ごしている人にとっては

生きている意味は感じ取れないかもしれません。

それでもあえて言います。

生きている意味はそこにあり

だからこそ、考えて考えて

できる手を尽くして生きる意味があるのです。

今は信じられないかもしれませんが、

懸命に努力し力を尽くせば

必ずどこからか助けの手があるでしょうし

ヒントが見えてきます。

 

その上で、ですが

今時分がここにいることを認め

ありのままの赦すことができるようになったのであれば

その先へ進むことが、生きることでもあります。

 

どんな言葉も捉え方で深さが変わってしまいます。

ありのままでいいんだ!と言ってしまえばそれまでです。

やはり生きるということは、魂を成長させることだと思うのです。

 

なぜ、魂の成長が必要なのか?

 

冷静に、ちゃんと自分を見つめたとき

毎日が本当に幸せで満たされていますか?

つまらないことで感情を乱され、

人間関係に疲れ、でもめんどくさいからそのままにして

嫌なことを見ないふりをしたり、他のことで誤魔化していませんか?

 

些細なつまらないことに振り回される自分から

卒業したくはありませんか?

そう感じるのであれば、

自分を認めた上で、冷静に対峙し

ネガティブなものを取り去っていく必要があるのです。

 

この世はどんどんとネガティブ化しています。

何も気づかぬふりをして流されていれば

それはそれなりに一生を過ごせるでしょう。

でも、それは本当に幸せな人生と言えるでしょうか?

 

もし、なにか引っかかるものを感じるのであれば

本当の自分の気持ちや反応に注意を向けてみましょう。

それに対応していくことが、魂の成長にも繋がります。

 

 

 

メニュー

 ★さらんふるめいるからみなさまへ

今日のさらん

2024.07.14