チューリップ畑

 · 

ネガティブと和解する

自分の中にあるネガティブは

せっかく進もうとしている自分の

邪魔をするものなので

どんどんと外していかねばなりません。

 

過去のいやな記憶

自分の良くない反応

ついやってしまうネガティブな行動

 

どれもこれも

せっかく仕切りなおして

やり直そうとしていても

ひょこっと顔を出し邪魔をします。

 

だから、

ネガティブは無くさねばなりませんが

つい

「気をつけよう!」

「だからダメなんだ!」

と、無くさねば!という事だけに注視して

抑え込もうとしたり

無視してなかったことにしようとしていませんか?

 

もうお気づきでしょうが

押さえたり無視しただけでは

またすぐに現れてきてしまいます。

 

だからネガティブに気付いているのであれば

それに邪魔されないようにせねばなりません。

 

そのためには『和解』することがいいと思います。

 

『和解』するとは

きちんと向き合いあって

そのネガティブの正体を見極めること。

なぜそういう反応をしてしまうのか?

どうしていつまでもそれにこだわるのか?

それが解からなければ

いつまでたってもしこりのように残ってしまいます。

 

そのネガティブの根底にあるもの、

自分の嫌いな性格であったり

他人と比較した時の劣等感とか

プライドと言える自尊心に関係していることとか

恥ずかしかったり悲しかったり怒ったり

負の感情に起因することだったりとか・・・

その根底には、そんな自分の反応を引き起こした

大元の根拠があるはずです。

 

そして、その根拠になっているものは

本当に自分にとって大切なものなのか?

守るべきものなのか?

そこを見つめてみましょう。

そして、どうしてそんな反応をしたのかが解かれば

ああ、そういう事だったんだな。。と納得して

手放してしまえばいいのです。

 

理解することで、喜怒哀楽の感情を切り離すことができます。

感情を切り離せば

それはただの記憶で、あなたを邪魔するネガティブではなくなります。

そして、それが嫌なことであったのなら

今から同じような反応をしなければいいのです。

原因・根拠はもう解かったのだから

むやみに悲しんだり怒ったりする必要はなくなります。

 

そうやって一つ一つ

自分のネガティブと和解し、外し

楽に過ごせるようにしていきましょう。

 

 

 

 

 

メニュー

 ★さらんふるめいるからみなさまへ

今日のさらん

2024.02.27