チューリップ畑

 · 

また鏡の話

 

 

前にも何度か

こちらで鏡の話をしていると思います。

 

また、以前と違った

『鏡』の話です。

 

今、あなたが目の前にしている人の

言動に何か感情が混じるとしたら、

それはあなたの『鏡』である可能性が高いです。

 

鏡は、そのままを映し出すこともありますが

あなたの心の中の何かを投影していることがあります。

 

至極当たり前の話ですが

誰もが感情を持っています。

だから、誰かと話したり向き合っている際、

自分が相手に対し、好感を持っているかそうでないか

今現在の相手の取っている行動が

好ましいものか、そうではないか、

もしくはどうでもいいことなのか、

はたまた、

相手がどういう気持ちでいるだろうか?

何をしようとしているのだろうか?など

いろいろ感じると思います。

 

 

その感じることの中で

感情に関するものは

ほとんどあなたの過去の経験をもとに出ていると

いうことはできませんでしょうか?

 

相対的に、相手のやることが

正しいとか間違っているとかそういうことは

今は問題ではなく

あなたが、条件反射的に感じてしまう

その感情の事に限ります。

 

 

自分で当たり前と思っている反応と

相手が違うことをしたときに

尚更その思いが強く出るのではないでしょうか。

 

 

その時、あなたは相手に自分の理想もしくは希望を映し出し

違う点について違和感を感じているはずです。

その照らし出しているものは

やはり『鏡』ということができますし、

そう認識すると、自分の中の感情も理解できます。

 

人間関係をうまく乗り切るための一つの方法として

折り合いをつけることが大切です。

基本的に、相手に変わってもらうというのは

至難の業です。

かといって、自分が我慢することも違います。

我慢するのではなく、理解することで

自分がうまく立ち回れば

自分自身が傷つかずに済みます。

 

相手が悪いのにと思うかもしれませんが、

大切なのは自分が傷つかずに

穏やかな気持ちで過ごせることなのです。

もし本当に相手が悪いことをしているのであれば

因果応報の法則が働きますから

自分が動く必要はありません(笑)

 

些細な出来事で煩わされない自分を目指して

日々、心を鍛えていきましょう。

 

 

写真は、久々に積もるほど降った雪です。

いまも体調を崩されている方が多いので、

みなさまもお気を付けくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

メニュー

 ★さらんふるめいるからみなさまへ

今日のさらん

2024.06.18