チューリップ畑

 · 

ごまかさない

誰しもそういう部分はあると思いますが

何か失敗したと感じたり

うまくいかないことがあった時、

ついつい自己弁護をしようとしまうことがあります。

 

場合によるでしょうが

自分だけに非があるとは思えない出来事があると

自分以外の誰か、どこかに

負の原因があったのではないか?と

少しでも自分が傷つかないように

あれこれ探して

自分を慰めてしまうこともあるでしょう。

 

でも、誰かのせいにできたとしても

自分にももっとうまくやる方法があったかもしれませんし

誰かの何かのせいにしてしまったら

それ以上自分を省みる機会を無くすことになります。

 

大切なのは

どんな些細なことも、自分の経験値として

自分の糧になるように持っていくことじゃないかと思います。

 

時には、100%自分は悪くないと思うこともあるかもしれませんが

それでも、そこに第三者的な視線で見ると

対処の仕方で、もっとスムーズに進める方法が

見えてくるかもしれません。

相手のことを非難することは簡単ですが

それだけでは何も解決したことにならないのです。

残るのは後味の悪い思いばかりでしょう。

 

だから、反射的に浮かんだ心の反応を

よく見極めることが大切です。

 

 

 

ただ、一つ大きな壁があります。

どんな時も

自分自身が自分だけをかばっている行動をとっていることに

気づけない人もいること。

そしてそれが、結果としてネガティブになってしまっていること。

 

 

心安らかに過ごせるようになること。

そのためにも、自分の気持ちをごまかしたりせず

きちんと向き合ってみることも大切です。

 

 

 

 

メニュー

 ★さらんふるめいるからみなさまへ

今日のさらん

2024.05.27